about

村上千晶

村上千晶

1962年生まれ

徳島県出身

22歳の頃より藍染の世界に入り、古庄紀治さん、住友順吉さんの工房で各9年ずつ学び、2001年に「阿波藍染工房」を立ち上げ独立。昔ながらの化学薬品を使用しない、天然の本藍染めに妥協を許さないその姿勢は、女性らしからぬ頑固さをもつ一方で、その作品は女性らしいやさしい風合いをかもしだしている。先人の知恵を培った伝統の中に、現代風のデザイン性をうまくマッチさせ、今、注目の藍染作家である。徳島県内だけでなく、東京でもその知名度を上げ、各媒体にとりあげらるのはもちろんのこと、都内でも作品の展示会などを定期的におこなっている。近年のその活躍は、藍染作家という枠を超え、本藍染めを使ったデザイナーとして認知されている。また、作品に対する熱い情熱をもち、細部までこだわる一方、一箇所にとどまることをせず、毎年新しい作品を数多く生み出し、常に前進しようとするその姿勢は、人間的にも魅力を持ち合わせた作家である。

阿波藍染工房

名称
阿波藍染工房
771-1302
住所
徳島県板野郡上板町七條字庚申ノ本13-5
TEL
088-694-6339
Web
facebook
Google+
Twitter
Shop



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です